読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬と猫と人間

内容はいろいろ

戦争における『人殺し』と心理学

 

戦争における「人殺し」の心理学 (ちくま学芸文庫)

戦争における「人殺し」の心理学 (ちくま学芸文庫)

 

 戦争映画やアクション映画を見ると人を殺すシーンがたくさん出てきますが、実際人を殺すというのはそれぐらい難しいことなのでしょうか。

 

読む人は実際戦争に行ったことがなくてもこの本を読むとどれぐらい人を殺すのが難しいか、どのような状況では人を殺すことができるのか納得できる内容です。

 なぜ昔は10から15%程度だった発砲率のベトナム戦争では90%まで押し上げることができたのか。

ベトナム帰還兵にPTSD発症率が高い理由はなぜか。

 

戦争というものが遠い日本ですが、アメリカなど軍事強大国では兵器の進歩は勿論のこと、兵隊の訓練方法もどんどん新しくなっているようです。

スポーツの世界ではトレーニング方法が新しくなることによって記録もどんどん伸びていっています。軍事でも同じようなものなのですね。

 

フルメタル・ジャケット」に出てくるハートマン軍曹は非常に有名かと思いますが、実際ああして怒鳴られるのも人から憎しみや怒りを向けられることに慣れるための訓練なんだとか。

 

ですが、最後に犯罪上昇率にゲームが関係しているというのはちょっと疑問に感じてしまいます。日本ではゲーム文化は盛んですが極端に犯罪が増えているわけではないですし。

しかしアメリカという国に住んだことがあるわけではないので因果関係ははっきり否定することもできません…ただアメリカはFPSが人気があるとは思いますので日本の言うゲームとはまた違うかもしれません。

でもこういうのも結局「相手がどんな人であれ人を殺してはいけない」という当たり前のことを理解していれば起こらないのでは?というのは日本という平和な国に住んでいるから言えることなのでしょうか…難しいです。